コインチェック仮想通貨XEM580億円の被害に思うこと

26日の金曜日、仮想通貨業界に激震が走りました。

コインチェック社から仮想通貨XEMが盗まれてしまった・・・。

この件に関して、あくまで私見のレベルのものを述べたいと思います。

 

仮想通貨とハッキング

仮想通貨とは日本円のようにお札や硬貨があるわけでなく、あくまでバーチャルの通貨となります。(最近ではビットコインのレプリカが売られており、それを全く知らない人に高く売りつけるなんていう詐欺があるみたいですが・・・)

なので、セキュリティーが弱いとハッカーの標的にされてしまい、仮想通貨は盗まれてしまう可能性があります。

最近でも韓国の取引所でハッキングにより億単位の資産が盗まれており、それが原因で倒産しています。

日本でもマウントゴックス社が2014年2月に問題を起こしており、この事件でビットコインを知った日本人は多いと思います。(この事件は社長の横領と後で発覚)

そして、今回の事件は史上最大の被害額である約580億円分の事件となってしまいました。

 

コインチェック社とは

コインチェック社は簡単にユーザー登録ができ、スマホアプリも使いやすくて見やすく、株やFXをやったことのない初心者でも気軽にできるのがウリです。仮想通貨の取扱数も日本の取引所では1.2を争うラインナップが揃っています。

最近では出川哲郎さんのCMがよく流れており、ビットフライヤー社とともに世間に仮想通貨(ビットコイン)を認知させていました。

しかし、今回のハッキング被害の結果を見ると、私個人の意見としてはガッカリです。管理が甘すぎます。

実際にネム財団の副代表のJeff氏は、

❝技術的にはコールドウォレット(インターネットから切り離した運用)とマルチシグ(複数の秘密鍵を使う)があれば防げた可能性が高い❞

と述べています。

 

今後の対応に期待するしかない

出来事は起きてしまった以上、その事実を受け入れるしかありません。

過去を変えることはできません。

今回私が改めて思ったことは、

  • リスクは分散させること
  • 物事に絶対はない
  • 投資資金はあくまで無くなってもいい範囲でやる

資産運用でごく基本的なことですが、これらを改めて感じました。

マウントゴックスにしてもコインチェックでも、仮想通貨そのものに問題があったわけではなく、あくまで取引所の失態によるものです。実際にマウントゴックスの事件があったときよりビットコインは数十倍になっています。

で、あるならばリスク分散のために取引所を複数持つことや、ハードウォレットで保管する必要があるということを改めて感じました。

今回の事件に関しては、ネム財団が追跡をしていくとのことですので、その組織力に期待し、多くの方の資金を守っていただきたいと思います。

そして、コインチェック社が現金補償をすると表明しました。

ただ、今現在まだ取引ができない状況ですので、取引が再開されて初めて一安心できると思います。

最後に、今回はあくまで私見を述べさせていただきました。独断と偏見があるかもしれませんがご承知ください。また、投資はあくまで自己責任でお願いします。

画期的な自動車保険

ずいぶん久しぶりの投稿となります。

ブログはこちらのページに移動しました。

また定期的に書いていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

 

自動車保険業界への一石を投じた保険会社

 

前回の話で、自動車保険がホントに使いにくくなったということを書きました。

事故有係数という、厄介なものができてから、大きな損害を出さない限り自動車保険を使うことを考えられません。

事故して自動車保険を使用すると、車種や等級にもよりますが、保険料が1.6~2倍になってしまうイメージがあります。

 

何のための保険なのか!?

 

保険会社も人員削減などを行い、いろいろ経費削減をしているかと思いますが、契約者サイドからすると、あまりにもの改悪は納得できるものではありません。

しかし、そこを逆手に取り、強烈な自動車保険を開発した会社があります。

 

この自動車保険は絶対お得なんじゃない?

 

その会社は 、

「事故を起こしても自動車保険が使えないのは、お客様のためではない!」

ということで、事故を起こしても使いやすい保険を開発しました。

 

【その保険の特長】

  • 最長7年契約ができる。(年払い、月払い可能)
  • 契約期間中に事故などで保険使用しても料金は変わらない。
  • 期間中に1回使用しただけなら、更新後の事故有係数は適用しない。つまり大幅に高くならない。

 

早速、身内がその恩恵に与ることに・・・

 

この保険は、さらに状況次第でお得になる場合があります。

それは、ゴールド免許からブルー免許になる人です。

この保険は契約時にゴールド免許であれば、最長7年間ゴールド免許割引が使えます。

ギリギリのタイミングで契約して、5年間無違反であれば7年後の更新の時に、再びゴールド免許で契約なんてこともできます。

実際に、私の身内でゴールドからブルーになる状況ギリギリで契約し、7年間ゴールド免許割引を適用しています。

さらに、加入してから2カ月ほどで、自損事故を起こし保険を使いました・・・。

まさにこの保険を知らなかったら・・・今ごろ保険料は2倍くらいになっていたかもしれません・・・(汗)

改めて情報は大事だなと思った事柄でした。

自動車保険が使えない・・・

豊川・豊橋で活動するファイナンシャルプランナー前原恵介ですニコニコ
 
本日は自動車保険をお伝えしたいと思います。
 

 やっちゃった・・・

 
先日、私事ですがクルマのバックドアを凹ませてしまいました・・・ショボーン

 

(やっぱり焦って動いちゃダメですね・・・)
 
 
まぁ、状況をお話ししますと、自分がいつも駐車するガレージの中に、リヤカーが何故か置いてありまして、、、タラー
 しかも、バックモニターが逆光と影で全く見えない状況で、、、タラー
 
 
まぁ、すべて言い訳になってしまうんですが、バックドアが凹んでしまったということですショボーン
 

 修理代を見積ると・・・

 
自分の自動車保険は、自損事故も保険適用される補償に入っておりますので、保険を使うかどうしようか考えました。
 
ただ、保険を使うと3等級ダウンしますので、保険を使った方がいいのか? 使わない方がいいのか?「修理代」と「保険料」を比べながら考えることになります。
 
 
なので今回は、まずクルマのディーラーに行って、修理代を見積りました。
 
 
「約13万円くらいかかります。」

 

 

結構修理代かかるなぁ~ガーン

 

 

これは保険を使った方が良さそうだな、と思いました。

 

保険会社に聞いたら・・・

 
3等級下がるけど、仕方なく保険を使おうかな。
 そう思いながら、保険会社に連絡しました。
 
 
「すいません。自分の不注意でバックドアを凹ませてしまいました。保険を使った場合、保険料はどうなりますか?」
 
 
計算をしてもらったところ、
 
 
「18万円の違いが出ます。」
 
 
 
???18万円???
 そんなに変わるの~!!!びっくり
 

事故有係数というやっかいなもの

 
なぜこれほど翌年以降の保険料が変わるのか。
それは事故有係数というものが適用されるからなんです。
 
 
「事故有係数適用期間」とは、事故有係数を適用する期間(始期日時点における残り年数)をいいます。 前契約に3等級ダウン事故が生じた場合は事故件数1件につき「3年」、1等級ダウン事故が生じた場合は事故件数1件につき「1年」が加算され、「0年」を下限、「6年」を上限とします。

 

 

つまり、今回の場合は3等級ダウン事故になりますので、事故有係数期間は3年となります。

 

つまり、3年間の保険料が、保険を使うか使わないかで、3等級ダウンと3年間の事故有係数により、18万円の差が出てしまうということになります。

今回自分でこのような体験をして、改めて自動車保険が使いにくくなったなと思いました。

ただ、このようなことにならない自動車保険が実はあるんですよね・・・。ショボーン

家族などの自動車保険は、切り替えのタイミングでその自動車保険に移行したんですが、自分は保険会社との付き合い上、満期まで待って移行しようと考えてました・・・。

事故した時に使いやすい自動車保険があるって知っていながら、このようなことになってしまうなんて・・・。

その自動車保険のことは今後紹介したいと思います。ニコニコ

FPは保険を扱った方がいいの?

本日は『ガンステージⅣからの回復』は一休みして、ファイナンシャルプランナーとしてのスタンスをお伝えしたいと思います。
 
 

FPが保険を扱うということ

 
昨日、ある生命保険会社様主催のセミナーに参加してきました。
 
現在私は、生命保険、損害保険それぞれ約20社ずつ取扱いできるようにしております。
 
なので、様々な会社から情報をいただくことができます。
 
情報は日々進化しております。

 

ファイナンシャルプランナーの中には保険を取扱いしないと決めている方もいらっしゃいます。

 
しかし、私個人的な意見としては、保険のアドバイスをするなら扱うべきだと思います。
 

学問なき経験は、経験なき学問に勝る

 
 
なぜ、そう思うかというと、やはり保険会社からの情報の入り方が違います。
また、扱うことでいろいろな経験ができます。
 
『学問なき経験は、経験なき学問に勝る』
という言葉があるように、一番は実体験の経験だと思います。
 
また、本日のように保険会社様が様々なセミナーなどを企画してくれて、そこに参加することもできます。
 

このようなセミナーには積極的に参加して、知識のブラッシュアップをしていきたいと思います。

全ては頼りにしていただいてるお客様のために。

ガンステージⅣからの回復~その4~

豊川・豊橋で活動するファイナンシャルプランナー前原恵介です。
 
前回の続きを書きたいと思います。
 

  見ているこっちまで辛くなる・・・

 
手術後、抗がん剤治療と免疫療法治療が始まりました。
 
ただ、抗がん剤治療はホントにつらそうでした・・・。
 
気持ち悪くて起きていられないことも、たびたびありました。
 
あの姿を見ていると、こちらまで辛くなります。
 
仮に自分がガンにかかってしまっても、抗がん剤治療だけは、
 
 
ぜ------------------ったい
 
 
やりたくないなと、思ってしまいました・・・。
 
 
 
幸いにも抗がん剤も効き、半年で肺転移の腫瘍がニワトリのタマゴくらいの大きさから、約半分の大きさまで縮小することができました。

 

そして、手術ができるまでになったので、2014年8月、今度は肺の手術をすることになりました。

 

  抗がん剤治療は『いたちごっこ』

 

肺の手術も成功し、これで体内にあるガンは、肝臓と手術で取れない場所にあった肺の一部となりました。

 

 

ここまでは順調でした。

 

 

 

しかし、しばらくして抗がん剤の効き目に変化が起きてきました。

 

ガン細胞が抗がん剤に慣れてきて、耐性ができ、以前のように効かなくなってきたのです。

 

なので、ガン細胞にまた効くよう、抗がん剤の種類を変えて投与し始めました。

 

 

 

 

しかし、これが完全に裏目となってしまいました・・・。

 

 

 

※抗がん剤とガンはいたちごっこになると言われています。

ガン細胞が抗がん剤に耐性を持ち始めるので、抗がん剤が効かなくなってくるとガン細胞に効くように種類を変えます。しかし、またしばらくすると、その抗がん剤に耐性を持つようにガン細胞は変異していくようです。その間、正常な細胞はドンドン傷んでいくようです。

 

 

生きるための治療のはずなのに・・・

 
抗がん剤の種類を変えてから、ハッキリ言ってメリットより、デメリットの方が明らかに大きかったと思います。
 
抗がん剤をやっているのに、体の中に新たにガンが発生してきました。
 
そして、副作用はさらにひどくなり、顔色はとても悪く、げっそりしたように見えました。
気持ち悪くて寝てばかりで、食事もまともに取れません。
 
 
『抗がん剤をやる意味って、あるのかなぁ?』
 
 
元気のない父を見て、私は思いました。
 
これでは正常細胞がドンドン傷んでいって、結局体力がなくなって死んじゃうんじゃないか?
生きるための治療のはずなのに、こんなことしていては本末転倒だ!
 
 
そして、私は父と話し合い、ある決断をすることになりました。
 
 
〜次回に続きます〜

ガンステージⅣからの回復~その3~

豊川・豊橋で活動するファイナンシャルプランナー前原恵介です。
 
前回の続きを書きたいと思います。
 

 

 第4のガン治療?

 
私が父に提案したもの、それは、免疫療法の
 
 
『樹状細胞ワクチン療法』
 
 
です。
 
 
”病は気から”という言葉がありますが、人間ストレスがかかってくると、免疫力が低下するそうです。
 
そして、免疫力が低下すると、ガン細胞ができてしまうということを、医療セミナーで聞いたことがありました。
 
だったらもう一回免疫力を高めればいいんじゃないのか?
 
医師の方たちからすると、そんな単純なことではない!と言われるかもしれませんが、私は医師ではないので、そこはシンプルに考えました。
 
実例として、免疫療法を選択したガン患者さんが、症状が良くなったというデータも数多く見せてもらったことがあったので、私が父に治療を進める要因にもなりました。
 

 免疫療法のメリット・デメリット

 
この治療のメリットは、とにかく副作用がほとんどないことです。
 
実際、治療した父から話を聞くと、治療した日にちょっと熱が出る。それくらいです。
 
抗がん剤みたいに、髪の毛が抜ける、吐き気がひどい、手がしびれるなどといったことは皆無です。
 
なぜなら、樹状細胞ワクチン療法は、
 
”自分自身の血液から取り出した細胞を樹状細胞に育て、がんの目印をつけて、再び体内に戻すことで、ガンだけを攻撃することができる治療法”
 
だからです。※詳しくはこちら

 

 

デメリットとしては、とにかくお金がかかります。

年間200万円くらいはかかるかと思います。

 

しかも自由診療になりますので、健康保険は一切使えません。

なので、自己負担3割ではなく、10割負担になります。

また、入院などで高額になった時に適用される高額療養費もありません。

 

そして、先進医療ではないので、医療保険の先進医療特約からお金が出ることもありません。

 

【関連ページ:先進医療ですべてカバーされると思っていませんか?

 

※実際に父から年間約200万円かかっていることを聞きました。免疫療法のクリニックの先生からもお話しを聞きましたが、ワクチンを作るのに個人差があるそうで、そこで費用も変わってきます。父は元公務員で退職金があり、この治療を選択できました。

 

※私は当然このような費用は捻出できないので、自由診療の出るガン保険に入り直しました・・・。

 

 

 

 先生も知らないことはある

 
父は
 
「そんな治療があるのか!?」
 
と驚いていました。そして、
 
「一度、主治医に相談してみる」
 
と言いました。
 
私は、主治医が変に反対しなければいいけどなあと思いました。
 
中には他の治療を受けることを、快く思わない方もいらっしゃると聞いたことがあったからです。
 
ただ、主治医の先生からは、抗がん剤治療と併用するなら、こちらとしてもカルテなどをお送りするなど協力しますと、おっしゃってくださいました。
 
ただ、ビックリしたのが、
 
「こんな治療もあるんですね」
 
と主治医から言われたことです。
 
「あっ、病院の先生でも知らないんだ・・・」
 
思わず言葉に出そうになりました。
それくらい衝撃的な一言でした。
 
※良い意味で最初の主治医の方は、先生らしくない先生でした。「私も諦めていませんから」とか、素直に知らないという発言をするとか。この先生が最初の主治医で、いろいろ親身になって治療やカルテの協力をしてくれたことで治ったと思います。家族一同本当に感謝しております。

 

 

 

そして、ここからガンステージⅣと戦っていくこととなりました。
 
〜次回に続きます〜

ガンステージⅣからの回復~その2~

豊川・豊橋で活動するFP前原恵介です。
 
前回の続きを書きたいと思います。

 

 一般的なガン治療

 
手術した病院から、今後の治療について主治医から説明がありました。
 
『まず、今回は大腸ガンを手術で取り除きました。この後は抗がん剤を使用して、ガンの広がりを食い止める。抗がん剤は効くかどうかは分からないが、効けば肺に転移している悪性腫瘍は小さくなる。小さくなったら手術をして取り除く。』
 
このような説明を受けました。
 
このとき私は、
 
『あ~、やっぱり抗がん剤と手術なんだな。』
 
と思いました。
 
一般的にガン治療のスタンダードな治療は、
 
『手術』『放射線』『抗がん剤』
 
この3つです。
 

 3つの治療がスタンダードな訳

 
しかし、なぜこの3つの治療がスタンダードになっているのでしょうか?
 
以前受講した医療セミナーで次のように聞きました。
 
『日本全国どこでも同じような治療が、みんな平等に受けられるようにならないだろうか。』
 
この考えをもとに、開発されたものが3つの治療ということです。
 

ただ、この3つの治療はご存じのように、副作用もあり、できれば避けた方がいいかなと思います。

また、これらの治療を行うにしても、今現在精度の高いものが出てきていますので、よく選んだ方がいいかと思います。

 自分で治療を選ぶことも必要

 
意気消沈している父に、何とか生きる望みを与えることはできないだろうか・・・。
 
私はいろいろ考えた末、自分が今まで受講した医療セミナーなどの資料をもう一度読み返しました。
 
今まで頑張って一家を支えてくれた父です。
 
それが、今から楽しい第2の人生を送ろうかという矢先に、このままガンに負けるなんてあまりにもかわいそうだ!ありえない!
 
インターネットで治療方法を選択し、病院を調べ、これだ!と思うもののホームページをプリントアウトしました。
 
そして、入院中の父に会いに行きました。
 
『オヤジ、抗がん剤治療はあまりオススメしない。だって、副作用があって、がん細胞だけでなく、正常な細胞までも痛めてしまうって聞くから。続ければ結局のところ、体力が落ちていくよな。』
 
『そうだよな・・・。』
 
手術後の父は元気なく答えます。
 
私は何個かプリントアウトした資料をならべ、

 

『今、カラダに負担のないガン治療がいくつかある。その中でも、この治療なんかいいんじゃないか?なぜなら~』
 
と説明しました。
 
『そんな治療があるのか!?』
 
その時、父の反応が変わりました。
 
〜次回に続きます〜

ガンステージⅣからの回復

豊川・豊橋で活動するFP前原恵介です。
 
先日、父が嬉しそうに報告してきました。
 
『CT検査の結果、異常なし。』
『カラダの中にガンはなくなった。』

 

  まさかのガン宣告

あれは3年半くらい前のことでした。
 
2014年2月、最近やけに両親が病院に行ってるなと思ってました。
でも最初、両親は私に真実を伝えていませんでした。
 
心配をかけたくなかったのでしょう。
 
ただ、入院が決まり、手術をすることになり、隠しきれなくなり、母親がついに私に報告をしてきました。
 
『お父さん、大腸ガンだって…』

 

 カラダ中に転移していたガン

『えっ…? マジっ…』
 
当然私は耳を疑いました。
だって勤務していた父は、毎年健康診断を受けて、ほとんど異常なしという診断をもらっていたからです。
 
それが、ちょっと咳が止まらないから病院に行った。
咳が止まらないなら、一度レントゲンをとりましょうと言われ、ごく普通の流れでレントゲン検査したら、肺に陰があると診断。
 
そして、市民病院で精密検査したら、肺ガンではなく、肺転移だと。
 
大腸ガンステージⅣ。肝臓にも転移。

 

 クスリが効かなかったら1年

すぐに入院し、手術を受けることになりました。
 
手術後に行われた医師との面談に、私も立ち会うことにしました。
 
『前原さん。クスリが効かなかったら1年です。でも、私は諦めていませんから、頑張りましょうね。』
 
医師がこう言いました。
 
『ヤバいなぁ…。諦めていませんからって、このセリフは相当深刻だ…。このまま普通の治療を受けてたらダメかもしれないな。
 
私は内心思いました。
何かしないといけないな。
 
その時、保険関係で受講したセミナーの中で、紹介していた治療法が脳裏によぎったのです。
 
〜長くなるので次回に持ち越します〜

ムダに水災補償に加入していませんか?

豊川・豊橋で活動するFP前原恵介です。

 
昨日大雨が降りましたので、それに関連して火災保険の水災補償について書きたいと思います。
 

 

水災補償は必要なのか?

 

この話は実際にあった話です。
 
ある日アパートに住んでいるお客様から連絡がありました。
 
アパートに入居した時に、大手賃貸管理会社から加入した家財保険が、満期になるのでどうしようかという相談でした。
 
『一回お伺いします。その時に証券を見せて下さい。』
 
そのようにお伝えし、当日お客様宅に伺いました。
 
そして、家財保険の証券を拝見させていただきました。
 
 
 
『水災  有』
 
 
 
ん?
 
 
ここは2階だよな…。
 
 
いらないじゃん
 
 

水災補償が支払われる場合

 
水災補償はどのようなときに支払われるのか?
 
保険会社の説明を抜粋します。
 
台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家財が流されたり(家財の再調達価額の30%以上の損害*)、保険の対象である家財を収容する建物の居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

 

 

 

アパートの2階が、洪水や床上浸水に該当することは非現実的ではないかと思います。
 
ただ、一部例外があるとすれば、仮にアパートの裏に山があり、大雨による土砂崩れで被害があれば支払い用件になります。
 
ただ、今回の場合は裏山などは全くないので、どう考えても水災補償はいらないんじゃないかということになりました。
 
 

残念ながらこのようなケースはホントに多くある!

 
今回のようなケースは残念ながらホントに多くあります。
 
なぜなら賃貸管理会社が用意している保険が、ワンパターンのケースが多いからです。
 
なので、1階の住人も3階の住人も同じものをオススメします。
 
また、営業マンがよく分からずオススメしている可能性もあります。
 
いつもこのような状況に遭遇すると、保険をオススメする側の説明責任は大事だなと思います。
 
また、やはり誰から保険に加入するかということも、しっかり考える必要があります。
 
同じ掛金だとしても、内容を見直すだけでもウンと良くなります。
 
頑張って働いたお金から保険料を支払う訳ですから、ムダなく効率よく加入したいですよね。
 
 
また、保険会社選びもホントに大事です。
 
保険会社の中には『水災』の補償を外すと、『破損・汚損』の補償まで外さなければならなくなる会社もあります。
 
このようなケースをよく見ますので、キチンと保険内容の説明を聞き、補償を確認してから保険に加入してもらいたいなと思います。
 

住宅ローンフラット35

豊川・豊橋で活動するFP前原恵介です。

 
本日は住宅ローンフラット35について書きたいと思います。
 
先日7月のフラット35の金利が発表されました。
35年固定で1.09%です!
 
35年間、1.09%ですよ〜!
 
ひと昔前には3%台だったことを考えると、驚異的な低金利ですねびっくり
 
単純に銀行の住宅ローンと金利だけで比較しないこと!
 
フラット35と銀行でよく取り扱われる10年固定ローンを、金利だけをみて比較し決めようとすることは正しい選択をしているとは言えません。
 
それぞれに、ある費用、ない費用があります。
 
まずフラット35には、保証会社に支払わなければならない保証料がありません。
しかし、契約者が万が一死亡してしまった時に住宅ローンが返済免除となる団体信用生命保険(略して団信)の費用が別途かかります。
 
銀行の10年固定や変動金利などは、フラットとは逆になります。団信の費用込みの金利となりますが、保証料が請求されることがあります。(一部の金融機関ではないこともある)
 
実際にどの住宅ローンがいいのか?
 
この質問はお客様からホントに多くあります。
 
ハッキリ言って一概には言えません。なぜなら、各家庭において、家族構成、収入、生活費、教育費などは全然違うからです。
 
ただ、1つ考え方をあげるとすれば、
 
・繰上返済がドンドンできそう。
・返済期間が短くて済む。
 
ということであれば変動金利でもいいかと思います。
 
・子供がまだ小さくこれから教育費を積み立てる。
・なかなか繰上返済ができそうにない。
 
ということであれば固定金利にしておいた方が無難でしょう。
 
ただ、あくまで一般的な考えとなりますので、住宅を購入する際には、キチンとライフプランニングを行い、自分たちがホントに購入できる金額、返せるローンを選択することが必要です。
 
住宅ローンを最後までキチンと返済して、ホントに自分たちの家になります。
 
そのことを念頭に置いて、多くの方がいい家選びをしてほしいと思いますニコニコ