保険見直し

『何のために保険に入っていますか?』

 

この質問をするとほとんどの場合、万が一のためという答えが返ってきます。

では、

 

  • 万が一の時に、遺された家族はいくらあれば生活ができるのか?
  • 万が一があってもお子さんが大学まで進学するためにいくら必要か?

 

しっかり必要なお金を計算して、困らないように保険に入りましたか?と聞くと、ほとんどの方は『・・・』となってしまいます。

このように万が一のことを想定せず、生命保険募集人に勧められるがまま、適当に〇〇万円の保障があれば大丈夫だろうと保険に加入している状況をよく見ます。

しかし、そのような状況で何を根拠に大丈夫だと、安心だと言えるのでしょうか?

 

生活スタイルに合わせたプランニングが重要!

 

人それぞれ生活スタイルは違います。当然毎月使っている生活費なども違います。

なので、一概に○千万円あれば安心だとか、みんながこれくらい入っているからとかは、全く関係ありません。

 

○正しい保険の入り方

  • 万が一の時に遺された家族が、いくら必要なのか計算する。
  • 社会保障を加味し、不足資金が賄えるように保険を設計する。

X間違った保険の入り方

  • あまり深く考えず、勧められるがまま保険に加入している。
  • 保障を確認せず、保険に入っていれば安心だと思っている。

 

もし、間違った保険の入り方をしていて、本当に万が一が起こってしまったら。

そして、生活資金が全然足りなかったら。

その時遺された家族の生活はとても悲惨なことになります。

 
『お父さんいないから進学は諦めてね』
『お父さんいないから塾は行かないで』
『お金ないからオカズはこれだけで我慢してね』
 
親であれば、当然子供にこんなことは言いたくないですよね?
 
このようなことにならないよう、
 
  1. まずライフプラン二ングを行う。
  2. 万が一の場合に遺された家族が、いくらあれば困らないのか計算する。
  3. 社会保障で補えない部分を、保険でカバーできるよう加入する。
 
保険は万が一のことがあっても、遺された家族の人生を応援するものです。
 
家族の大切な人生を、万が一のことがあっても叶えることができるように、多くの家族がしっかりとライフプラン二ングを行い、生命保険に入ることを願っております。
 
まずは、まえはらFP事務所の無料相談にお越しいただき、
 
今加入している保険で大丈夫なのか?
・自分たちの生活スタイルにはどんな保険がいいのか?
・そもそも保険って本当に必要なのか?
 
などをご確認いただければと思います。

 
 
banner